アルファロメオ アルファ スパイダー クオーツガラスコーティング 施工

岡山 コーティング 専門店
アルファロメオ アルファスパイダー H19年式の入庫です。
クオーツガラスコーティングをご希望ですが、この状態でコーティングを施しても、
全く定着しませんね^^;
まずは入念な磨き・下地処理を施し、ピュアな塗装肌にしていきます。

画像は、施工開始前のボンネットの様子。無数の洗車キズでツヤまで無くなっています。
幸いクリア層の膜厚は十分確保できていたので、強めの研磨で攻めていこうと思います。
アルファロメオのこの色は割と塗装は硬く、一般的な磨きでは時間がかかり過ぎてしまいます。
強い研磨ですが、塗装の工程はなるべく少なく、最適な組み合わせで磨いていきます。

さてさて、磨いた後はどうなるでしょうか!?
磨いた後です。明らかに違いますよね!

塗装は蘇るんです^^

室内は暗室を作り上げ、蛍光灯を点けず、スポットライトだけで塗装を照らすことによって、
一番厳しい条件で、塗装の状態をチェックしていきます。
こちらは、施工開始前のトランク。
オープンカーですので、この後ろからの見栄えも非常に美観には重要です。
磨き終了後。ツヤと、スベスベ感が全く違います^^
ボンネット別アングル
ボンネット別アングル
右Fフェンダー
右Rフェンダー。スパイダーにとって、ここの美観は重要です!
左Rフェンダー
左Fフェンダー。
左ドア
またまた、左Fフェンダー
ドアを開けた時、無数のシミ(イオンデポジット)が見えたら嫌ですよね^^;
こちらも気持ちよい程度に処理していきます。
ホイールも、鉄粉。汚れ固着等、こってりでした・・・。
ここまで持っていけてよかったです^^
上記のように、車両全体を入念に磨き上げ、その後脱脂・マスキングを施し、
クオーツガラスコーティングを吹き付け施工で施していきます。

以下、クオーツガラスコーティング後のショットです。
完成!

3泊4日のお預かりでの施工でした。

フロントグリル下の塗装剥げが気になりますが、当店は板金塗装も自社施工してますので、
よかったらまたご用命下さい^^

クオーツガラスコーティングを施した後は、ブラックがよりきわだってます。

この度は数ある施工店の中、当店のご指名、誠にありがとうございました。
今後も当店メンテナンスをで、このツヤを維持していきましょう^^
岡山 コーティング 専門店:HOMEへ