岡山 ボディコーティング 専門店 : ボディガラスコーティング施工の流れ

岡山 ガラスコーティング 専門店
①ガレージ内にて、照明設備を全て照らし
塗装のチェック(雨シミ・水アカの蓄積・キズ等)をチェックします。
ポリッシャーでは綺麗にできない細かい部分の清掃を手作業で行います。

具体的には
○エンブレム周辺
○各モールの隙間
○グリル周り
○各外装部品の隙間
○給油口内部
○ドア開口部・ヒンジ周辺
○ボンネット・トランク開口部周辺
①ホイール専用クリーナーで水洗いします。
②鉄粉が付着している場合は、鉄粉クリーナーを使用します。
③ボルト穴等、細かな部分も清掃します。
④ホイールハウス内側も清掃いたします。
①まずは、表面の汚れを落とす簡易洗車を専用シャンプーで
行います。
②鉄粉や塗装のザラザラ感がある場合は、ここで粘土処理を行います。
③鉄粉除去剤を使用して鉄粉除去を行います。
④再び専用シャンプーを使用し、最終洗車を行います。
⑤エアーガンで細部の水切りを行います。
シングルポリッシャー(ウールバフ)と細目または極細目系のコンパウンドで磨きます。

キズ・頑固な水シミ、水アカ等を取り除くことを目的とした工程です。

この段階で、ツヤはまだ不十分なものの、塗装はツルツルになります。

※新車または塗装面にダメージが少なく・安定している場合は、
この工程は行いません。
シングルポリッシャー(ウレタンバフ)と極細目または微粒子系のコンパウンドで磨きます。

浅いキズ、軽微な水シミ、水アカを等を取り除くことを目的とした工程です。
ステップ①を実行した場合は、その最終仕上げの工程にもなります。

塗装面の映りこみがクッキリになり、ツヤも重厚になります。
コンパウンドの磨き粉が多い場合、この時点でシャンプー洗車を行います。

※新車または塗装面にダメージが少なく・安定している場合は、
この工程は行いません。
クロス技法で肌調整の総仕上げを行います。

塗装の状態をを安定させ、塗装本来の発色が生み出されます。

※新車の場合は、この行程のみで、充分肌調整できます。
①車内掃除機がけ
②ガラス清掃
③内装拭きあげ
④タイヤWAX塗り込み
鉄粉クリーナー使用の鉄粉反応。
取りにくいホイールエンブレム周りの黒ずみも清掃
ボルト穴も可能な限り清掃
専用シャンプー
粘土処理
鉄粉除去剤
エアーガン 水切り
エンブレム周り 清掃
ドアモール周り 清掃
ドア内 ヒンジ簡易清掃
給油口も簡易清掃
ボンネット裏 簡易清掃
隙間も清掃していきます。
エンジンルーム簡易清掃①
エンジンルーム簡易清掃②
肌調整の前に再度、塗装肌のチェックを行います。
水シミ・細かいキズの確認
ピラー部の水シミ確認
ボンネットが全体ダメージの目安
コーティング剤塗り込みで、磨き・肌調整の時より、さらに重厚なツヤに仕上がります。
新車で一日半、ダメージのあるお車で2日半の施工期間となります。

複数の人数で施工すれば早いのでしょうが、
当店は、私一人が最初から最後まで責任持って施工しているため
ご理解頂ければと思います。

納車の際は、ごゆっくりコーティングの仕上がりをご堪能ください"^_^"
ドアハンドル 引っかき傷 簡易処理
ゴムモール 黒ずみ除去
岡山 ガラスコーティング 専門店:HOMEへ
ここで安全に、磨き・肌調整をするためにも、ボディ塗装以外をマスキングしていきます。
クオーツガラスコーティング施工の場合は、エアスプレーガン吹きつけ施工になりますので再度、マスキングを行います。

手塗りのガラスコーティングの場合は、塗り込み作業なので、ほとんどマスキングは必要ありません。
クオーツガラスコーティングにおいては、正確で、繊細な吹きつけを行うためにも、風・ほこり・塵等が入り込まない施工環境が必要です。

ガソリンスタンド等で、屋根なし・シャッターなしの施工環境で
コーティングを施工しているお店を見かけますが、
クオーツガラスコーティング施工では論外です"^_^"

コーティング作業だけでなく、ボディの磨きという点でも、ボディコーティング施工店は、
風・ほこり・塵等が入り込まない信頼できる施工環境が必須です。