岡山 ガラスコーティング 専門店 :施工後のメンテナンス・アフターケア

「はじめに」のページでもお伝えしましたが、

1回の施工で何年も効果が持続するコーティングなんて存在しません。」

すでに「~年保証」とか「水洗いだけで、ずっと新車の輝き」などなどのコーティングをされたお客様もいらっしゃるでしょうが、残念ながら事実です。

ボディコーティングは、塗装をしっかりと保護してくれるものでありますが、車は屋外で使用する以上、今度はコーティング自体が雨・ほこり・紫外線・汚れ等のダメージを受けてしまいます。

コーティングがダメージを受け止めてくれるおかげで、オリジナルの塗装がダメージから守られる訳ですが、当然、コーティングの効果・性能は減少してしまいます。

そこで、当店はダメージを受けたコーティング被膜をリフレッシュすためにも初回コーティング施工後もアフターメンテナンスを実施しております。


定期的なオイル交換がエンジンの調子を左右するように、コーティングも定期的にリフレッシュすることで、コート皮膜が安定してより汚れにくく強固な塗装になり、何年も新車独特の輝きを維持することが可能になります。


最初のコーティング施工だけで、「はい、さようなら」のコーティング施工店が多い中、
当店は、
初回コーティング施工後もメンテナンスを実施すること
によっていつまでもお客様の愛車をキレイに維持するお手伝いをして行きたいと思っております。

当店は、お客様の愛車の輝きを守る「かかり付け」でありたい、そう思っております。

是非とも、当店とともに愛車をピカピカツルツルに維持していきましょう。

PCSクロス技法では
コーティング被膜の汚れ・劣化・ダメージは
全て、クロスに回収されていきます。

汚れが回収されたら、また違うクロス面に
切り替えていきます。

クロスの汚れ方で、どれだけダメージを受けていたかの目安になりますね(^^)
メンテナンスで初回ボディコーティング時のツヤ・スベスベ感が蘇ります!

ご自身での洗車においては、
洗車環境・設備・時間などなど
どうしても限界がありますよね^^

うまく当店のアフターメンテナンスをご活用
いただき、愛車をキレイに維持していきましょう!
岡山 ガラスコーティング 専門店
岡山 ガラスコーティング 専門店:HOMEへ
施工証明書にはメンテナンス記録を
記載しております。


最近では、ようやくコーティング後の
アフターメンテナンスを行う施工店も増えてきました。
しかし、その内容は、単なるシャンプー洗車だけだったりする場合もあるようです・・・。

最悪なのは、アフターメンテナンスなのに
シングルポリッシャー+研磨剤で磨きあげる店もあるようです・・・(^_^;)

そんなことしたら、コーティング被膜は
剥がれちゃいますよね・・・。


当店採用の「クロス技法」は
左の画像のように、
特殊な回転をするポリッシャー
専用クロスを巻きつけて、コーティング被膜または塗装面を調整する技術。

「メンテナンス」で使用する薬剤は、研磨剤は全く含んでおりません。

しかも、
クロスで調整するからコーティング被膜を痛めず、
優しくクリーニングできるのもお分かりかと
思います。

ヘッドライト・メッキパーツ・プラスティック樹脂等、様々なパーツを
クロス技法でキレイにクリーニングすることができます。

また、クロス技法は作業効率にも優れており
スピーディで品質の高い仕上がりをご提供いたします。

もうお分かりですね"^_^"

そう、「クロス技法」は、
ボディコーティングのアフターメンテナンスにおいて理想的な技術なのです"^_^"

タイプ メンテナンス料金(税込)
軽自動車(例:ミラ) 14,000円
軽自動車 トール(例:ワゴンR) 15,000円
普通車コンパクト(例:ヴィッツ) 15,000円
普通車コンパクトミニバン (例:シエンタ) 16,000円
普通車 中型(例:プリウス) 17,000円
普通車 大型セダン(例:クラウン) 19,000円
中型ミニバン・中型SUV
(例:ヴォクシー・ハリアー)
19,000円
大型ミニバン・大型SUV
(例:アルファード・ランクル)
20,000円