シトロエン DS3 クオーツガラスコーティング 施工

岡山 コーティング 専門店
シトロエン DS3の入庫。
新車納車直後にお持込いただきました^^
樹脂ステップには、保護ビニールが
かけられたままです。
輸入車は、輸入の過程で
様々なダメージを受けてしまいます。
ボディも若干ですが
ザラザラとしています。
研磨剤の入っていない粘土で
優しく処理していきます。
輸入車新車でよくあるパターン。
ゴム部のシミ!?
ガラスにも若干、ウロコが発生してます。
初期段階での処理が重要です^^
奥まで侵食してしまったら取れません^^;
DS3の特徴である、ホワイトルーフ。
ここも鉄粉等影響を受けザラザラしていました。
さらに、モール隅も若干黒ずんでます。
キレイにしておきました。
これこそ新車です^^
ホイールはパッと見は分かりませんが
かなり汚れ&油膜!?が付着してます。
キレイになりましたね^^
新車といえども、コーティング前に
全体磨きを行います。
画像はその際の、塗装膜厚測定。
今後、アフターメンテナンスを通じて
長いお付き合いとなります。
お客様の愛車の塗装の記録を
残していくことは必須です。

以下、クオーツガラスコーティング施工後の
ショットです。
特徴的なサイドガラスにも
バッチリ、ウィンドウガラス撥水コーティングを
施工しております。
テールの「DS」文字が粋です^^
完成^^
新車といえども、結構ダメージ・汚れがありましたね。
輸入車は輸入のスパンや輸入後の在庫期間のダメージ蓄積があります。
初期段階を逃すと、除去不可能な状態になってしまうダメージもございます^^:

新車の輸入車を購入されましたら、当店で細部処理を行い
コーティングを施工されるのもオススメです。
完全にキレイな状態で新車に乗っていただけますよ^^

今回は、バルコムBMW岡山のK氏より
ご紹介をいただきました^^


今後もアフターメンテナンスを通じて
キレイに維持していきましょう!
岡山 コーティング 専門店:HOMEへ